期間限定でもまた復活することがあるといいですね。


by u-ha-hi-u

火の扱いに必要以上に気をつける

うりずんです。
さて、当初予定されていた「タイトルしりとり」が始まります。
先に、全体的な説明を。
ていうか、なんか俺ばっか説明やってんぞー。リーダーは大変です。

でも「タイトルしりとり」からほとんど想像つくよね。
4人で、タイトルでしりとりしながら記事を書いていこうというもの。
ちょっとややこしいのは単純にタイトルの尻を取るのではなく、話題の尻を取るという点。
たとえば今回だと「気をつける」の「る」ではなく、「火の扱い」の「い」を取る。
なんなら「火」のまま「ひ」を取っちゃってもいい。しりとりになってないけど。
順番は「うはひう」の順です。頑張ろう。


というわけで、本題に。
今夜の夕食はすき焼きでした。ウチってすごい。
何がすごいって、すき焼き本体じゃなくて、
「姉の帰省日の前日に、すき焼きをやる」あたりがすごい。
早めに帰ってくれば、残ったやつならありつけると思う。最速で帰ってこい、姉。
でもうりずんが朝食としてほとんど食べ尽くすと思うから。

んで、すき焼きをやるためにコンロに火を付けますわな。
その時に思ったの。
なんで、火ってガスを逆流していかないの?
火が、ガスを逆流して内部構造を辿っていって、最後にボンベに達してドカーン。
考えただけで恐くなった。ていうか実はそれを考えたのは数年前で、
数年前からコンロとかずっと恐い。
火を点けてからしばらく顔そむけてるからね。
そういう意味で、ライターも恐いし、ガスバーナーも恐い。
だってさ、ライターに点火してドカーンってなったら手が吹き飛んじゃうよ。

ていうか、あれってなんで逆流しないのかな。
さっきから言ってる「逆流」ってのはイメージ沸くでしょ?
うりずんが言ってるのは、「ダイハード2」のラストみたいな感じだ。
あれ、逆流して飛行機がドカーンってなったもんね。ああ恐い。
うん、要らんこと言ったから何割かはイメージが逆に壊れたと思う。

ちょっとライターのほうに話をそらしていくと、
ライターって火を点けるの難しくないか。
火をつけるのも(爆発しそうで)ちょっと勇気いるし、
火を付けてキープしてたら、火が風であおられて指がアチッてなるし。

また書く機会があれば書くけど、うりずんは
電子レンジも恐いし、自動改札機も恐い。特に自動改札はトラウマ。

こういうかわいいこと言ってるけど、当のうりずんは
22歳で、ガタイも結構いいんです。男です。
それでも火をつける時は顔をそむけます。んで横目でチラチラと安全をうかがう。
[PR]
by u-ha-hi-u | 2005-05-02 23:55 | うりずん